FC2ブログ


タイトル画像

ビフィズス菌の働き

2011.02.10(13:45) 48

ビフィズス菌は乳酸菌の一つで、人間を含むすべての動物の腸内に存在する善玉菌です。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスをとる、腸内の腐敗を抑える、腸の運動を活発にする、免疫力を高めるなどの働きがあります。下痢、便秘、食中毒、胃腸障害、感染症、抗生物質による副作用などを予防します。
PR:出張マッサージ 高槻

最近では、老化防止効果も期待され、健康成分として飲料などに添加されています。

全腸内細菌に占めるビフィズス菌の割合は老化と共に低くなるといわれ、また、ストレスや多量の飲酒によっても腸内のビフィズス菌は減っていきます。
PR:出張マッサージ

摂取したビフィズス菌は、腸内で増殖・死滅を繰り返し、数日から長くても1週間ほどで体外に排出されます。
ですので、少量ずつでも毎日とるようにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト



ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



健康 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]