タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アパシー・シンドローム(無気力症)にならないために

2010.11.10(15:22) 26

アパシー(意欲や感情がスランプになった状態=無気力症)の多くは、ストレスに対する現実逃避の一種で、自然な心の反応です。
ご家族に不幸があった時や、入学や就職、転職など自分を取り巻く環境が大きく変化したときには大きなストレスを感じますので、アパシーが生じやすくなります。
また、勝ち組や負け組、成果主義といった言葉にあらわされるように、短期間で結果が求められる現代社会においては、アパシーが生じやすくなっているのです。


そんなとき、普段からうまくストレスと付き合えているかどうかが、アパシーにならないようにするポイントになります。
「好きな音楽を聴く」、「買い物を楽しむ」など、一人一人にあったやり方でストレスをやりすごしていきましょう。


また、アパシーは病気の症状として表に出てくることもあります。
統合失調症やうつ病などの心の病気や、認知症やパーキンソン病、脳梗塞など、さまざまな病気と一緒に発症することもあります。

人生において、アパシーの時期は必ずいつかはあるものです。
まずはライフスタイルを見直して、ストレスとうまく付き合えるなりましょう。
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



病気対策 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。