タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

カゼとよく似た「咳ぜんそく」

2010.10.20(13:58) 22

「咳ぜんそく」という症状がここ数年で爆発的に増えているのですが、ご存知でしょうか?


「咳だけがひたすら出続ける」疾患で、ぜんそくやカゼに症状は似ていますが、そのいずれとも違うようです。
咳ぜんそくを放っておくとぜんそくになることもあるので、気をつけましょう。
咳ぜんそくの症状には、こんな特徴があります。


●非常に強い咳が出る
 吐き気を感じたり、肋骨が耐えきれずひびが入ることも
●明け方かけて咳がひどくなる
●のどの痛みや鼻水などは大したことがない
●気管がゼーゼーと音をたてる(「ぜん鳴」は無く、痰も少ない)


このようにカゼと症状がよく似ているのですが、違いはどこにあるのでしょう?


「1週間咳が続くかどうか」がポイントになります。
1週間症状がよくならず咳が続くようなら、咳ぜんそくの可能性があります。
ウイルスによってカゼは発症しますが、気道粘膜のアレルギー性の炎症が咳ぜんそくを引き起こします。
吸入ステロイド薬を使って治療していきますが、場合によっては漢方薬を使用することもあるようです。


心当たりがもしあれば、内科だけでなくアレルギー専門の医療機関や呼吸器内科でも診てもらってはいかがでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



病気対策 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。