タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブの収穫

2010.10.04(20:03) 18

ハーブの香り成分が一番多い時期は、花の咲く直前ですので、食用やハーブティー、ポプリなどのクラフトに用いるなら、この時期に収穫するのがベストですね。
ミントやローズマリー、レモンバーム、バジルなど生で使用するなら、必要なときに収穫しましょう。
また、収穫後は風味が落ちる前に早めに使用します。
残ってしまった場合はビニール袋などに入れて冷蔵庫で保管できますが、それでもなるべく早く使い切るようにします。

収穫するときは、手でちぎらずにはさみで切り取ります。
苗が小さいうちにあまりたくさん収穫すると枯れる原因になりますので気をつけてください。

例えばミントやレモンバームですと5月半ばに上部を刈るのですが、新しい脇芽が出てきたところを残すようにして刈ります。
そうすると、脇芽が伸びてきてもう一度収穫できます。
また、刈り取ることで風通しが良くなり、虫や病気にかかりにくくなります。
成長途中で刈るのはもったいない気もします。
しかし、刈ることで上部だけでなく左右にも枝葉が広がるようになり、後ほどさらに収穫量が増えます。

保存用に収穫する場合は、晴天が数日続いた後の晴れた日の午前中が良いですね。
刈り取った後は日陰で乾燥させます。
晴れて乾いた状態でないと、収穫後にカビが発生したりとせっかくのハーブが台無しになってしまいますよ。

また、花を収穫するときは、他の蕾を傷つけないように一つ一つ丁寧に摘み取りましょう。
収穫しただけで放っておくと花がしおれて形が悪くなったり、色があせたりします。
ですので時間をおくときはポリ容器に入れて冷蔵庫で保管するのが良いです。
日中につむと花持ちが悪くなりますので、早朝に摘むのがおすすめです。

ポプリに使用するなら、花が咲ききらないうちに摘み取って乾燥させるのがコツですね。
花が全開になってしまうと香りが弱くなってしまいますよ。

最後にタネの収穫は、早いものが色づき始めたら、ほかのものもすべて一粒ずつ摘み取ってしまいます。
摘み取ったタネは箱に入れて乾燥させ、追熟させます。
花茎ごと刈り取るなら、花穂が半分くらい熟したときが良いですね。
刈り取ったら紙袋や箱に入れ日陰でさらに追熟させましょう。

根を刈り取るなら、晩秋が良いでしょう。
この時期は根に養分や成分がたっぷりと蓄えられていますからです。
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



ハーブの育て方 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。