タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブを育てる場合の水やりの量

2010.09.27(18:48) 16

ハーブを育てる場合の水やりの量は種類や大きさ、土、容器、季節によってその都度変化します。
特にハーブの場合、極端に水分過多を嫌うものもあるので十分な注意が必要ですね。

一般的なハーブだと水やりのタイミング自体は、土の表面が乾いて白っぽくなってきたころが良いと思います。
最初は乾くまでにあげないといけないのじゃないかと思いがちですが、植物にとっては空気を取り入れることができるので好都合なのです。

乾くまで水を与えない分、与えるときは鉢の緑と土の間が水でいっぱいになるくらいに大量に与えます。
その際の注意点として、葉や花に水がかからないようにすることがあげられます。
そのコツは土に流し込むように与えることです。
水は表面から引いても、そこから流れ出さない場合はさらに与えてくださいね。

ただし、鉢皿に水をためてはいけませんよ。
根が腐るいわゆる根腐してしまうので危険です。
また、2~3日家をあけるときはウォーターキーパーなど自動給水用具という便利なものもあるので、活用していきたいところです。
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



ハーブの育て方 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。