タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブの土選び

2010.09.14(17:36) 12

植物を育てるのは、ココロにとてもよい効果がありますね。
そして、その育てた植物がハーブとして、また色々な効果を与えてくれれば言うことなしですね。
と言うわけで、ハーブの育て方を解説していこうかなと思います。

まずは土選びからです。
ハーブは水はけがよく、水もちのよい土を好みます。
これは大玉や小玉など、様々な大きさの土をブレンドすることで作成できます。
大きさの違いから隙間が開き、そこを水が流れたり溜まったりするのです。

そして多くのハーブは地中海沿岸地方を原産としています。
この地中海沿岸地方の土はアルカリ性なので、ハーブ栽培には弱アルカリ性の土が向いていると言えます。
日本の土は酸性なので、石灰類を混入して、弱アルカリ性に土壌を改良しましょう。

庭や花壇に植える場合は、腐葉土をまき30センチほどすき込んでください。
もしも酸性度の高い土ならここで苦土石灰を入れてよく混ぜましょう。
植える前に20センチほどの高さの畝を作ると湿気がこもりませんよ。

鉢やプランターに植える場合は、鉢底の穴をネットでふさぎ、大粒の赤玉土を下に入れ、上には赤玉土、腐葉土、バーミキュライト、ピートモスをよく混ぜて入れます。
市販のブレンド済みのハーブの土も売ってますので、多忙な方や初心者はそちらを選ぶと良いかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



ハーブの育て方 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。