タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブの越冬

2010.10.15(12:34) 21

夏には生長著しいハーブも、冬になると枯れてしまうものなども出てきますね。
霜や霜柱などでハーブが凍結してしまうこともあります。
そうならない為にも、特に庭や花壇では霜や寒風対策が必要ですね。

例えば東京くらいの寒さでしたらセージやオレガノ、ミントなどは特に防寒しなくても越冬することができます。
それより寒さの厳しいところでは、霜よけに藁や籾殻、ビニールなどでのマルチングが必要です。
また、寒風を避けるためには藁やヨシズを立てかけたりして風をさえぎってやってください。

鉢で育てているのなら、室内のよく日が当たる窓辺などに取り込んでおきましょう。
屋外で越冬させる場合は、発泡スチロールで風よけを作ってやったり、南向きの堀際や軒下などの土に鉢の部分を埋めておくと寒風と乾燥を防ぐことができます。
ただし、熱帯原産のハーブは必ず鉢上げして冬越しする必要があります。

また、秋の間にハーブに耐寒力を付けておくのも大切なことです。
それには秋の生育期間中に十分に日光に当て、肥料を与えすぎないようにすることが必要です。
チッソ肥料は控えめに、草木灰などのカリ肥料を多めに施します。
寒さに従い、徐々に水を控えていくことも、耐寒力をつけていく手段のひとつです。
冬は生育がストップする時期なので、植物は水分をそれほど必要としません。
乾燥気味に管理することで耐寒性が増します。
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



ハーブの育て方 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブの保存法

2010.10.06(15:49) 19

感想保存なら、刈り取ったハーブは痛んだ葉を除き、水洗いをした後、水気を取りすぐに乾燥させます。
束にして逆さにつるしたり、新聞紙などに広げて乾燥させるといいですね。
風通しのよい日陰で行い乾燥むらができないように上下を入れ替えるようにしましょう。

十分に乾燥したら密閉容器に乾燥剤と一緒に入れます。
そして冷暗所で保管するようにしてください。
この時、保存開始の年月日をラベルに書いておくと便利ですよ。
乾燥させる時間の目安は葉がパリパリとするくらい、茎がポキッと折れるくらいが最適です。

また、ドライフラワーやポプリなど、花色を大切にしたいなら、ドライヤーを利用するなりして短時間で乾燥させる方法もあります。
オーブンやレンジ、白熱灯やコタツなども利用できますよ。
市販の乾燥剤シリカゲルを使用する方法もあります。

ハーブによっては、乾燥させると香りが落ちてしまったり、枯れて使い物にならなくなる種もあります。
そういったものはフレッシュな状態のまま冷凍保存することをおすすめします。
それなら収穫直後の新鮮な状態でいつでも使用することができますよ。

バジルやチャイブ、レモンバームなどは少量ずつラップに包み冷蔵庫用のビニール袋で冷凍してください。
そうすれば、数週間新鮮な状態が保てます。
関連記事

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



雑記 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブの収穫

2010.10.04(20:03) 18

ハーブの香り成分が一番多い時期は、花の咲く直前ですので、食用やハーブティー、ポプリなどのクラフトに用いるなら、この時期に収穫するのがベストですね。
ミントやローズマリー、レモンバーム、バジルなど生で使用するなら、必要なときに収穫しましょう。
また、収穫後は風味が落ちる前に早めに使用します。
残ってしまった場合はビニール袋などに入れて冷蔵庫で保管できますが、それでもなるべく早く使い切るようにします。

収穫するときは、手でちぎらずにはさみで切り取ります。
苗が小さいうちにあまりたくさん収穫すると枯れる原因になりますので気をつけてください。

例えばミントやレモンバームですと5月半ばに上部を刈るのですが、新しい脇芽が出てきたところを残すようにして刈ります。
そうすると、脇芽が伸びてきてもう一度収穫できます。
また、刈り取ることで風通しが良くなり、虫や病気にかかりにくくなります。
成長途中で刈るのはもったいない気もします。
しかし、刈ることで上部だけでなく左右にも枝葉が広がるようになり、後ほどさらに収穫量が増えます。

保存用に収穫する場合は、晴天が数日続いた後の晴れた日の午前中が良いですね。
刈り取った後は日陰で乾燥させます。
晴れて乾いた状態でないと、収穫後にカビが発生したりとせっかくのハーブが台無しになってしまいますよ。

また、花を収穫するときは、他の蕾を傷つけないように一つ一つ丁寧に摘み取りましょう。
収穫しただけで放っておくと花がしおれて形が悪くなったり、色があせたりします。
ですので時間をおくときはポリ容器に入れて冷蔵庫で保管するのが良いです。
日中につむと花持ちが悪くなりますので、早朝に摘むのがおすすめです。

ポプリに使用するなら、花が咲ききらないうちに摘み取って乾燥させるのがコツですね。
花が全開になってしまうと香りが弱くなってしまいますよ。

最後にタネの収穫は、早いものが色づき始めたら、ほかのものもすべて一粒ずつ摘み取ってしまいます。
摘み取ったタネは箱に入れて乾燥させ、追熟させます。
花茎ごと刈り取るなら、花穂が半分くらい熟したときが良いですね。
刈り取ったら紙袋や箱に入れ日陰でさらに追熟させましょう。

根を刈り取るなら、晩秋が良いでしょう。
この時期は根に養分や成分がたっぷりと蓄えられていますからです。
関連記事

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



ハーブの育て方 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

害虫駆除

2010.09.30(14:46) 17

植物には害虫がつきものです。
場合によっては、枯らしてしまうことになるので注意が必要ですね。

害虫対策の基本は早期発見です。
卵や幼虫のうちに退治すれば被害も抑えられます。

つきやすい害虫と言えば、アブラムシ、ナメクジ、カタツムリ、ハダニですね。

アブラムシは葉裏や新芽に集団で発生します。
テントウムシの好物ですね。
病気の原因でもあるので、歯ブラシでこするなどして駆除しましょう。
場合によっては、枝ごと切り捨てます。

ナメクジやカタツムリは、新芽やツボミを食いつぶします。
退治するには、空き缶にビールを少しだけ入れて置いておくと、中で溺れ死ぬので効果的です。

ハダニは水分を嫌うので、葉裏を霧吹きなどできれいに洗い流しましょう。

アオムシやアブラムシ、ヒメコガネムシなど目で見える害虫は捕まえて退治してください。
コナカイガラムシがついた場合は綿棒に浸したアルコールで拭き取るように駆除します。

また、ネットで飛んでくるのを防ぐなども有効な手段です。

どうしても農薬を使わなければならないときには、残効性の少ないマラソンやスミチオン乳剤、あるいは除虫菊剤などを使用してください。
これらの害虫対策では、収穫期が近づいたら散布は避けるようにしましょう。

[PR]
オイルマッサージをお探しなら
ハーブと同じ植物の力アロママッサージ
関連記事

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



ハーブの育て方 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハーブを育てる場合の水やりの量

2010.09.27(18:48) 16

ハーブを育てる場合の水やりの量は種類や大きさ、土、容器、季節によってその都度変化します。
特にハーブの場合、極端に水分過多を嫌うものもあるので十分な注意が必要ですね。

一般的なハーブだと水やりのタイミング自体は、土の表面が乾いて白っぽくなってきたころが良いと思います。
最初は乾くまでにあげないといけないのじゃないかと思いがちですが、植物にとっては空気を取り入れることができるので好都合なのです。

乾くまで水を与えない分、与えるときは鉢の緑と土の間が水でいっぱいになるくらいに大量に与えます。
その際の注意点として、葉や花に水がかからないようにすることがあげられます。
そのコツは土に流し込むように与えることです。
水は表面から引いても、そこから流れ出さない場合はさらに与えてくださいね。

ただし、鉢皿に水をためてはいけませんよ。
根が腐るいわゆる根腐してしまうので危険です。
また、2~3日家をあけるときはウォーターキーパーなど自動給水用具という便利なものもあるので、活用していきたいところです。
関連記事

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



ハーブの育て方 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
育成法
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ハーブの越冬(10/15)
  3. ハーブの保存法(10/06)
  4. ハーブの収穫(10/04)
  5. 害虫駆除(09/30)
  6. ハーブを育てる場合の水やりの量(09/27)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。