タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

心の病にかかったら、どんな病院のどんな科に行けばいいの?

2010.12.27(17:24) 37

心の病もこじらせてしまうものなので、専門医になるべく早く診てもらうようにしましょう。
放っておけば、病状はだんだん重くなっていって、なかなか治らなくなってしまいます。
とくにうつ病においては、自殺してしまいかねません。
出張マッサージ 世田谷には、そんな人はいませんがね。


病院に行くといっても、精神科や神経科など、普段から馴染みのないところへ行くこととなるでしょう。
実際にそうしたところへ行ってみると、内科などに来ている他の患者さんと何も変わりないのですが、このままでは不安を感じることと思います。
いざ専門医に診てもらおうにも、どういった病院の何という科に行けば良いのか、もすぐにわかる人はほとんどいません。
そんな不安をなくすためにも、具体的な医療機関や治療などについては、あらかじめ軽く調べておきましょう。
これは、アロママッサージ 岡山市中区においても同じことが言えるかもしれません。


心の病で受診する科は、主に精神科、神経科、心療内科、神経内科の4つとなります。
しかし、患者さんが受診しやすいようにと考慮し、「内科・心療内科」といった看板を出しているところも少なくありません。
また精神科と神経科はほぼ同義語として使われているところもあるため、初診のときは、あらかじめ電話で症状を伝えておき、実際にはどういった専門医がいるのか確認しておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



病気対策 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

レントゲンを撮っていたら、放射線にやられたりしないの?

2010.12.16(18:56) 34

放射線の量を示す単位においては、mSV(ミリシーベルト)とよばれるものを使っています。
一般には、放射線の量が200mSVを超えなければ、人間の体には影響がでないと言われています。
もし原子力発電所などが事故を起こし、致命的な障害が起こってしまったときの被ばく量としては、数千から1万mSVの放射線が洩れたという報告がされています。
では、病院での検査で使う放射線は、どうでしょうか。


撮影の条件によっても若干の差は生じますが、たとえば、胸のレントゲン撮影なら0.05mSV、胃のバリウム検査におけるレントゲン撮影では2.0mSV、頭部のCTスキャンでは0.5-1.5mSV、胸部のCTスキャンでもせいぜい7.0mSV程度です。
また、意外かもしれませんが、人間は自然界からも放射線を浴びています。
といっても、その平均は年間2.4mSVとのデータもあります。
上記のような原発事故と比較すると、比べものにならなほど病院で使われる放射線の量は少ないのです。


こうしたことから、私たちがCTスキャンやレントゲンなどの検査で被ばくする確率は、きわめてゼロに近いといっていいでしょう。
関連記事

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



健康 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
病院
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 心の病にかかったら、どんな病院のどんな科に行けばいいの?(12/27)
  3. レントゲンを撮っていたら、放射線にやられたりしないの?(12/16)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。