タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

更年期障害になるのは女性だけではない!?

2010.11.22(12:27) 28

「更年期は女性がなるもの」というイメージを持っている方も多いでしょうが、男性にも老化やストレスが原因で心身のバランスを崩し、更年期になってしまうことがあります。
45歳前後、50歳前後の2つの時期に男性が更年期になりやすいとの統計が出ています。


女性ならば、閉経によるホルモンバランスの変化で更年期障害が起こりますが、男性の更年期障害は、ホルモンの変化はそれほど問題ではありませんが、家庭や仕事でのストレスに体力の衰えが加わり、様々な症状があらわれてきます。


男性の更年期障害の症状は、初期では疲れがとれない、目が疲れる、お酒が以前より飲めないなどといった、身体的なものが主になります。
このまま症状が進んでしまうと、便秘や下痢に頻繁になる、よく風邪をひく、イライラするといった、慢性疲労となって症状がでてきます。
さらに、不眠、気分が落ち込む、性欲がなくなる、無気力になるといった精神的な症状が目に見えたら要注意です。
こうなると、本格的な精神疾患(うつ病など)に移行する可能性がきわめて高いので、なるべく早く心療内科などの専門医に診てもらいましょう。


[PR]
東京 出張マッサージ
オイルマッサージ 渋谷
関連記事
スポンサーサイト

ココロとカラダの調和|総合ヘルス情報



病気対策 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
ストレス
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 更年期障害になるのは女性だけではない!?(11/22)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。